Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集

経済産業省が、「情報セキュリティサービス基準」を策定したことを受け、情報処理推進機構(IPA)は適合サービスの提供状況について調査を開始する。同機構では審査登録機関についてもあわせて募集している。

同基準は、セキュリティサービスについて、利用者側で品質を判断するための情報が不足しているとして、第三者が客観的に品質を審査するために同省が策定したもの。

同基準は、「情報セキュリティ監査サービス」「脆弱性診断サービス」「デジタルフォレンジックサービス」「セキュリティ監視、運用サービス」を対象としており、技術要件、人員やマニュアルの設置と言った品質管理要件について基準を設けている。

同省より、サービスの提供状況について調査を実施するよう依頼された同機構では、「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」を用意。審査機関による登録状況を公開する。

(Security NEXT - 2018/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
啓発動画やポスターのコンテストを開催 - トレンドマイクロ
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
IPA、脆弱性情報共有のガイドラインを改訂 - 重要インフラ事業者への優先提供で要件を明文化
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人