Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入

アドウェアはファームウェアレベルでインストールされたドロッパーのペイロードで、ドロッパーがどのような経緯でデバイスに実装されたのか経緯についてはわかっていない。ドロッパーは強力な難読化が施されており、消去は困難で、スパイウェアやランサムウェアなどアドウェア以外をダウンロードすることも可能だという。

Avastでは、今回の問題についてGoogleへ報告済みで、Googleでも対応に乗り出しているという。今回の問題についてメーカー側も把握していないとし、マルウェアがプリインストールされた新型デバイスの出荷が続いていると指摘。解決にはセキュリティベンダー、Google、OEMメーカーによる業界全体の連携が不可欠であるとしている。

同社は、セキュリティ対策アプリでドロッパーによってインストールされるアドウェアの検知、アンインストールまでは行えるものの、ドロッパーそのものの無効化はパーミッションの問題で実施できないと説明。

Google Playプロテクトが有効であると指摘するとともに、設定画面のなかから「CrashService」「ImeMess」「Terminal」の名称が付けられたドロッパーを見つけ、アプリページで無効化する方法を案内している。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
ZyXELのNAS製品にゼロデイ脆弱性 - 悪用コードが闇市場に
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性