Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社

高速道路の料金収受を行っている中日本エクストール横浜において、元従業員の不正アクセスにより、同社の業務端末上からセキュリティ対策ソフトが削除されていたことがわかった。

同社によれば、元従業員が退職後にセキュリティベンダーのサーバにある管理ツールへ不正アクセスし、業務で利用している複数端末からインストールされていたセキュリティ対策ソフトを削除したという。

同社では業務が妨害されたとして告訴。5月24日に元従業員が書類送検されたことを受けて事態を公表した。同社は取材に対して、被害や告訴の時期、被害の規模、元従業員の担当部署などについては、捜査への影響や元従業員の個人情報であるなどとし、コメントを避けた。

セキュリティ対策ソフトが削除されたことによるマルウェアの感染や、それにともなう情報漏洩などの被害は確認されておらず、同社が提供するサービスへの影響などもなかったという。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
複数IPよりニコニコにPWリスト攻撃 - 5月に続き注意喚起
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社