Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社

高速道路の料金収受を行っている中日本エクストール横浜において、元従業員の不正アクセスにより、同社の業務端末上からセキュリティ対策ソフトが削除されていたことがわかった。

同社によれば、元従業員が退職後にセキュリティベンダーのサーバにある管理ツールへ不正アクセスし、業務で利用している複数端末からインストールされていたセキュリティ対策ソフトを削除したという。

同社では業務が妨害されたとして告訴。5月24日に元従業員が書類送検されたことを受けて事態を公表した。同社は取材に対して、被害や告訴の時期、被害の規模、元従業員の担当部署などについては、捜査への影響や元従業員の個人情報であるなどとし、コメントを避けた。

セキュリティ対策ソフトが削除されたことによるマルウェアの感染や、それにともなう情報漏洩などの被害は確認されておらず、同社が提供するサービスへの影響などもなかったという。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
木工ワークショップのウェブサイトが改ざん被害
外部サイトで流出アカウント情報を確認 - 医学系出版社
アクセ通販サイトに不正アクセス - クレカや顧客DBが流出か
消防団のメールが乗っ取り被害、スパムを送信 - 高岡市
キャンプ場予約サイトに不正アクセス - 施設のメアドが流出か
ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - 新潟県立大
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
もみじまんじゅう老舗店に不正アクセス - 偽画面でクレカ情報詐取被害