Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社

高速道路の料金収受を行っている中日本エクストール横浜において、元従業員の不正アクセスにより、同社の業務端末上からセキュリティ対策ソフトが削除されていたことがわかった。

同社によれば、元従業員が退職後にセキュリティベンダーのサーバにある管理ツールへ不正アクセスし、業務で利用している複数端末からインストールされていたセキュリティ対策ソフトを削除したという。

同社では業務が妨害されたとして告訴。5月24日に元従業員が書類送検されたことを受けて事態を公表した。同社は取材に対して、被害や告訴の時期、被害の規模、元従業員の担当部署などについては、捜査への影響や元従業員の個人情報であるなどとし、コメントを避けた。

セキュリティ対策ソフトが削除されたことによるマルウェアの感染や、それにともなう情報漏洩などの被害は確認されておらず、同社が提供するサービスへの影響などもなかったという。

(Security NEXT - 2018/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致