Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信

過去に政府が利用したドメインが第三者に取得され、なりすましサイトが公開されていることがわかった。

20180523_ka_001.jpg
国土交通省や観光庁を装い配信されている問題のサイト

問題のドメインは、2013年に観光庁が「タビカレ(日本タビカレッジ)プロジェクト」で利用したドメイン「tabicollege[.]jp」。

4月下旬に政府が、過去の事業で使用したドメインの使用状況について調査を実施したところ、同ドメインが現在も使用されていることが判明した。

観光庁では、3年前にプロジェクトを終了しており、正規サイトを2015年5月ごろに閉鎖。ドメインの利用を中止し、2016年3月にドメインの有効期限が切れ、その後第三者に取得されたという。

問題のドメインでは、観光庁を装い、正規サイトのデータを不正にコピーして掲載していることに加え、政策とは関係ない情報が掲載されている。

(Security NEXT - 2018/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
「ラブライブは我々が頂いた!」 - 人気アニメ公式サイトでドメイン乗っ取りか
「VMware Horizon」に脆弱性 - 内部のドメインやサーバ名など漏洩のおそれ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
無人潜水機など海事技術狙う「APT 40」 - 中国関与か
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
正規やりとりに割り込むBEC - 盗聴により絶妙タイミングで振込先変更依頼
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中