Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション

アズジェントは、イスラエルIronscalesが開発したフィッシング対策ソリューション「IRONSCALES」の販売を6月中旬より開始する。

同ソリューションは、4種類のモジュールで構成されているフィッシング対策ソリューション。危険なURLや添付ファイルを含むメールを隔離し、レポートする機能を提供。また個人のメールボックスにおける振る舞いを機械学習で分析。利用傾向に応じてなりすましメールを検出する。

擬似的なフィッシング攻撃により従業員のセキュリティ意識とスキルをチェックする機能を提供するほか、同ソリューションの利用組織において、フィッシングメールの情報を匿名化して共有する機能も用意している。

価格は500ユーザー利用時で375万円から。同社では初年度50社への販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策