Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ

「Red Hat Enterprise Linux 7」「同6」に含まれるDHCPクライアントパッケージに、深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2018-1111」が明らかになったもの。重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。Red Hatでは、各バージョン向けにアップデートをリリースした。

悪意あるDHCPサーバへアクセスしたり、攻撃者から受信した細工されたDHCPレスポンスを受信して脆弱性が悪用されると、NetworkManagerを利用するシステムにおいてroot権限でコマンドを実行されたり、DHCPプロトコルを使用してネットワーク設定を取得されるおそれがあるという。

「Red Hat Enterprise Virtualization 4.1」に関しては、影響を受けるコンポーネントが含まれているものの、管理アプライアンスではNetworkManagerがオフとなっており、ハイパーバイザーにおいてもDHCPを併用しないことなどからデフォルト設定で利用している限りは影響ないと説明。

また「Red Hat Enterprise Linux 5」や「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」については、今回の脆弱性の影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
7月のパッチ未適用「Oracle Database」利用者に注意喚起 - Oracle
「Adobe Flash Player」のアップデートがリリース - 脆弱性5件を解消