Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も

国内組織を標的としたビジネスメール詐欺(BEC)が引き続き確認されている。あらたな手口として、決済手段の変更を装い、攻撃者へ送金を誘導する手口が発生しており、実被害が生じたケースもあるという。

「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の参加組織においてあらたなビジネスメール詐欺が確認されたもので、情報処理推進機構(IPA)が状況を取りまとめた。

2018年第1四半期には、攻撃者が海外で実施する展示会の事務局を名乗るケースや、海外取引先のCEOを名乗るケースなどが確認されたという。メールの文面はいずれも英文だった。

海外のカンファレンス事務局を名乗ったケースでは、国内組織が実際の事務局担当者とメールでやりとりしている最中に攻撃が発生。何らかの方法でメールを盗聴していた攻撃者が事務局担当者になりすまし、詐欺を試みたものと見られている。

攻撃には、正規のメールアドレスに似せたフリーメールアドレスを使用。「技術的な問題により、クレジットカードでの支払いを受け付けられなくなった」などとだまし、電子送金による出展料の振り込みを求められ、実際に送金してしまったという。

(Security NEXT - 2018/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
「Emotet」の脅威(1) - 組織やビジネスへの影響を考える
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連