Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も

米Microsoftは、IoTデバイスやクラウドのセキュリティを強化する新しいツールや技術を発表した。

同社では、マイクロコントローラーユニット(MCU)を搭載したIoTデバイスのセキュリティを強化するプラットフォーム「Azure Sphere」を発表。 Azure Sphere上のデバイスを保護するクラウドセキュリティサービスを提供する。

組織におけるサイバー攻撃への準備状況を評価し、セキュリティのベンチマークスコアを提供する「Secure Score」をリリース。ユーザーやデータ保護のために必要な対策の判断を支援するほか、組み込み型の機械学習機能により、自社の結果と類似する他社との比較も可能になるとしている。

さらに、「Office 365 Threat Intelligence」の機能として、「Attack Simulator」をリリース。疑似的なランサムウェアやフィッシング攻撃により、従業員の対応力をテストする。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収