Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの「vRealize Automation」に2件の脆弱性

VMwareは、「vRealize Automation」に複数の脆弱性が含まれているとして、アップデートをリリースした。

同製品において、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-6958」や、セッションIDの処理に問題があり、ユーザーのセッションがハイジャックされるおそれがある「CVE-2018-6959」が判明したもの。

脆弱性の重要度は、「CVE-2018-6958」が4段階中上から2番目にあたる「重要(Important)」、「CVE-2018-6959」は1段階低い「中(Moderate)」とレーティングしている。

同社は「同7.3.x」「同7.2.x」「同7.1.x」「7.0.x」に影響があるとし、「CVE-2018-6958」のアップデートとして「同7.3.1」をリリース。「CVE-2018-6959」に対しては「同7.4.0」で対応した。「同6.2」に関してはいずれも影響を受けないとしている。

20180413_vm_001.jpg
CVE-2018-6958の対応状況(表:VMware)

(Security NEXT - 2018/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
シューズ通販ショップに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性