Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ

データアクセスに用いられる「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。リモートより攻撃を受け、コードを実行されるおそれがある。

20180412_sd_001.jpg
脆弱性を公表したPivotal

「同2.0.5」「Spring Data Commons 1.13.10」において、2件の脆弱性「CVE-2018-1273」「CVE-2018-1274」が判明したもの。

以前のバージョンも影響を受けるとしており、重要度はいずれも「クリティカル(Critical)」。

「CVE-2018-1273」は、認証なしにリモートより任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性。「Spring Data REST」に対して細工されたデータを送信することで悪用が可能だという。

(Security NEXT - 2018/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
「Spring Framework」の深刻な脆弱性、すでに実証コードも
「Spring Framework」に複数の脆弱性、アップデートがリリース - 「同4.3.x」は再修正も
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「Apache Commons FileUpload」に脆弱性 - 「Tomcat」「Struts 2」など広く影響
Apple、「iOS 8.2」を公開 - 「FREAK」に対応