Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ

Avastは、プライバシー保護機能を搭載したブラウザ「Avast Secure Browser」をリリースした。

同ブラウザは、従来「SafeZone Browser」の名称で提供してきたブラウザ製品のアップデート版。旧版の利用者や、特定の条件を満たした同社のセキュリティ対策製品の新規ユーザーに提供する。

オープンソースの「Chromium」をベースに開発しており、パスワードやクレジットカード番号などの盗難を防ぐバンクモードを搭載。ウェブサイトによるユーザーの追跡を阻止するアンチトラッキング機能などを備えている。

そのほか、悪意ある広告のブロック機能をはじめ、不要なアドオンやプラグインをブロックする拡張機能ガード、URLのスキャン、パスワード管理といった機能も用意した。

対応OSはWindows。2018年内にiOSとAndroid向けのモバイル版を提供する予定。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習の顔認識を防止する画像加工サービス
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート