Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ

Avastは、プライバシー保護機能を搭載したブラウザ「Avast Secure Browser」をリリースした。

同ブラウザは、従来「SafeZone Browser」の名称で提供してきたブラウザ製品のアップデート版。旧版の利用者や、特定の条件を満たした同社のセキュリティ対策製品の新規ユーザーに提供する。

オープンソースの「Chromium」をベースに開発しており、パスワードやクレジットカード番号などの盗難を防ぐバンクモードを搭載。ウェブサイトによるユーザーの追跡を阻止するアンチトラッキング機能などを備えている。

そのほか、悪意ある広告のブロック機能をはじめ、不要なアドオンやプラグインをブロックする拡張機能ガード、URLのスキャン、パスワード管理といった機能も用意した。

対応OSはWindows。2018年内にiOSとAndroid向けのモバイル版を提供する予定。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
東芝テックら、マスク機能を備えた電子レシートの実証実験を開始
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ