Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害

「日本郵便」のアンケートサイトを装う悪質なウェブサイトが確認された問題で、複数ドメインが利用され、広告経由で誘導されていたことがわかった。海外でも、まったく同じ手口の郵便事業者を装う攻撃が展開されている。

20180405_tm_002.jpg
偽装サイトの一例

トレンドマイクロによれば、同社では日本郵便を装う攻撃を4月2日前後より把握。

不正広告を利用して、少なくとも3種類のドメイン上に設置されたアンケートサイトに誘導。これらサイトを経由し、最終的には同じ詐欺サイトに誘導していたという。

同社クラウド基盤における統計では、3月26日から4月2日までの1週間に国内から2500件以上のアクセスが行われていた。同社の製品利用者に限った数字であり、さらに多くのユーザーが誘導された可能性もある。

日本郵便を装ったケースでは、アプリをインストールさせる攻撃も確認されているが、同社が確認したケースでは、最終的な誘導先は「詐欺サイト」だったという。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を