Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 4.9.5」がリリース、セキュリティ関連など28件のバグを修正

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」の開発チームは、セキュリティアップデート「同4.9.5」をリリースした。早期にアップデートを実施するよう強く推奨している。

20180405_wp_001.jpg
開発者チームは「同4.9.5」へのアップデートを強く推奨している

今回のアップデートでは、「同4.9.4」および以前のバージョンに存在する3件のセキュリティに関する問題へ対処。特定の関数における「HTML」のエスケープやリダイレクトの方法、「localhost」の取り扱いなどを見直した。

またセキュリティとは関係ない25件のバグに対処したという。開発チームでは、「同3.7」以降の利用者に対し、できるだけ早期にアップデートするよう強く推奨している。

最新版は、ウェブサイトから入手できるほか、ダッシュボードよりアップデートをすることが可能。また自動アップデートを有効化している場合は、自動的に更新されるとしている。

(Security NEXT - 2018/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を