Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀

イオン銀行が発行するカードの一部請求明細書が、本人とは異なる会員へ発送された問題で、誤送付の対象者が8人であることが明らかになった。

同行が発行するイオンカードセレクトの一部請求明細書が、委託先で発生したシステムの不具合により、本人とは異なるカード会員へ送付されたもの。同行では2月1日に事態を公表したが、件数については調査中としていた。

今回、誤送付の対象者が北海道在住の会員8人と判明。請求明細書には請求内容など個人情報が記載されているが、カード番号やパスワード、セキュリティコードなどは含まれないという。

同行では、誤送付した請求明細書を回収するとともに、対象となる会員に謝罪した。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
再委託先がアンケート調査票を誤送付 - 経産省
予防接種予診票を別の接種対象者へ誤送付 - 高知市
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
県南健康福祉センターで個人情報記載書類を誤送付 - 栃木県
データ登録ミスでマイナンバー含む個人情報を漏洩 - 野々市市