Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLのアップデートがリリース - 脆弱性3件を解消

OpenSSLの開発チームは、当初の予告どおりセキュリティアップデートとなる「同1.1.0h」「1.0.2o」を公開した。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、開発チームではアップデートを通じてあわせて3件の脆弱性に対処した。

今回のアップデートにおける脆弱性の最高重要度は「中(Moderate)」で、DoS攻撃を受けるおそれがある「CVE-2018-0739」、およびHP-UXにおいてメッセージの偽造が可能となる「CVE-2018-0733」の2件。

のこる「CVE-2017-3738」に関しては「低(Low)」とレーティングした。

(Security NEXT - 2018/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を