Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン

エステティックサロンを運営するシェイプアップハウスは、元従業員が顧客情報を持ち出し、退職後に自身が開業したサロンの営業活動に利用していたことを明らかにした。

同社によれば、2016年12月に営業を終了したエステティックサロン「ダンディハウス/ミス・パリおやまゆうえん店」に勤務していた元従業員が、同店の顧客リストを持ち出していたもの。

同リストには、同店を2014年9月1日から2016年9月26日までの間に利用した会員354人分の情報が記載されており、氏名や住所、電話番号、性別、会員番号、最終来店日などが含まれる。

元従業員は、リストに記載された43人分の顧客情報を不正に利用。自身が開業したエステティックサロンを宣伝するダイレクトメールを送付していたという。2月14日にダイレクトメールを受け取った顧客から同社へ問い合わせがあり、問題が発覚した。

同社では弁護士を通じ、持ち出された顧客リストの原本を回収。ダイレクトメールの送付以外で情報の利用はないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市
個人情報持出職員の賠償請求に向け議案提出へ - 平塚市
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市