Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むリストを突風に飛ばされ紛失 - JKK東京

東京都住宅供給公社は、都営住宅の定期訪問時に、職員が持参していた訪問世帯リストが突風に飛ばされて紛失したことを明らかにした。

同公社によれば、都から受託している都営住宅の管理業務において、入居者の個人情報が記載されたリストを紛失したもの。紛失したのは「定期訪問世帯リスト兼進行管理表」1枚で、訪問対象者15人の氏名や団地名、号棟と号室、年齢、世帯構成、訪問日程などが記載されていた。

3月5日午後、巡回管理人がリストを携帯して定期訪問を実施。その際、風にあおられリストが飛ばされ、紛失したという。団地内や周辺を捜索したが見つかっていない。同公社では、対象となる入居者を訪問して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
患者情報記載の書類を突風で飛ばされ紛失 - 千葉市
台車で移動中の年金関係書類が飛散、一部所在不明に - 大河原町
予防接種予診票が風にあおられ飛散、一部回収できず - 熊本市
小学校で児童の個人情報含む書類が風に飛ばされ所在不明 - 横浜
個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市
病院へ搬送した救急患者の個人情報を紛失、突風で飛散 - 北九州市
郵便物が突風で飛散し約60通が所在不明に - 福井県内の郵便局
中部電力、マンション検針時に強風で書類飛ばされる
台風23号の突風が巻き起こした個人情報漏洩