Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市

名古屋市の北区保健福祉センターにおいて、新型コロナウイルス感染症の被検査者や患者の個人情報を記載した名簿が突風により飛ばされ一時所在不明となった。4日後に回収されている。

同市によれば、新型コロナウイルス感染症のドライブスルー検査を実施した際、11月16日18時ごろに名簿1枚を突風で飛ばされ一時紛失したもの。

紛失した名簿には、新型コロナウイルス感染症の被検査者13人の氏名や電話番号、車種、車の色、ナンバーのほか、関連患者7人の氏名、一部患者の居住市区などが記載されていた。

同市では対象となる被検査者と患者に対して謝罪を行うなど対応を進めるとともに、敷地内を探索していたが、11月20日11時半ごろ問題の文書を発見、回収した。

同市では関係者に対してあらためて経緯を説明するとともに再度謝罪した。

(Security NEXT - 2020/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
患者情報記載の書類を突風で飛ばされ紛失 - 千葉市
台車で移動中の年金関係書類が飛散、一部所在不明に - 大河原町
個人情報含むリストを突風に飛ばされ紛失 - JKK東京
予防接種予診票が風にあおられ飛散、一部回収できず - 熊本市
小学校で児童の個人情報含む書類が風に飛ばされ所在不明 - 横浜
個人情報記載の書類が突風で国道上に散乱、一部回収できず - 大阪市
病院へ搬送した救急患者の個人情報を紛失、突風で飛散 - 北九州市
郵便物が突風で飛散し約60通が所在不明に - 福井県内の郵便局