Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市

大阪市は、小学校の水泳指導中に児童名簿が突風で飛ばされ、紛失したことを公表した。

同市によれば、8月31日に屋上のプールで水泳指導をしていた際、突風により児童名簿1枚がバインダーから外れ、プールの外へ飛ばされたもの。問題の名簿には、児童22人の氏名が記載されていた。

その後付近を捜索したが見つからず、複数の教職員であらためて一斉捜索を行ったが発見されていない。同校では対象となる児童の自宅を訪問して、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀