Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、クラウド型セキュリティ対策サービス「InterSafe GatewayConnection」にマルウェア対策サービスを追加し、3月14日より提供開始する。

同ソリューションは、外部に対する不正な通信を遮断する「サイバー攻撃対策サービス」と、「ウェブフィルタリングサービス」を提供するクラウドサービス。あらたにマルウェア対策サービスをオプションとして追加した。

同オプションサービスでは、インターネットからダウンロードするファイルをトレンドマイクロのエンジンを用いてチェックし、マルウェアを検知、遮断することができる。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応