Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供

NTTテクノクロスは、エンドポイント向けソリューション「TrustShelter/EPP」を4月2日から提供開始する。

同ソリューションは、Carbon Blackの「Cb Defense」をベースとしたもので、マルウェア対策とEDR機能を提供。初期設定の支援や設定変更、アラート発生時の対応支援など、オプションサービスなども提供する。

料金は利用環境によって異なり、100ライセンスより提供する。最低利用期間は1年。

(Security NEXT - 2018/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も