Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍

2017年第4四半期は、いわゆる不正送金マルウェアが前四半期の1.6倍に拡大した。同年第1四半期と比較すると70倍にあたる数字だという。

EMCのセキュリティ部門であるRSAが、オンラインバンキングを狙うトロイの木馬について同社における認知状況を取りまとめたもの。

同四半期に同社が把握したバンキングトロジャンの亜種は1万316件。前四半期の6386件から60%増となった。272件だった同年第1四半期の約70倍に拡大している。

20180312_em_001.jpg
オンラインバンキングを狙うトロイの木馬の件数(グラフ:EMC)

トロイの木馬による通信に使用されたURLとして1万1964件を認知。通信先URLについても増加傾向が続いており、前四半期の8180件を上回った。同年第1四半期と比較すると約60倍の水準だという。

20180312_em_003.jpg
亜種別の割合(グラフ:EMC)

亜種を種類を見ると、「Trickbot」が87%と突出。続いて多い「Bugat(8%)」の10倍以上が流通していた。

「Trickbot」は同年第2四半期以降、活発な動きを見せているという。

ホスト国を見ると、「ロシア」がトップ。前四半期も38%でトップだったが、42ポイント増となり、70%を占めている。

調査開始以降トップが続いていた「米国」は、前四半期に20%でロシアに首位を譲ったが、今回はさらに13ポイント減となる7%まで縮小。1割を切っている。

20180312_em_002.jpg
バンキングトロイジャンの通信先URLの件数(グラフ:EMC)

(Security NEXT - 2018/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱