Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中

マイクロソフトにおいて、セキュリティ情報を提供するメール配信サービスが停止している。パッチの公開情報なども届かないため注意が必要だ。

同社によると、1月19日より同社のメール配信システムで障害が発生しているもので、「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」を発信できない状態になっているという。

同社では、同サービスを通じて「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで発信している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」を2月13日に迎えており、同社では月例パッチを公開したほか、2月7日にも定例外パッチを提供しているが、これら新着情報なども発信できない状態となっている。更新情報などは、セキュリティ更新プログラムガイドなどより確認する必要がある。

同社では配信システムが復旧次第、案内を再開したいとしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
さくらの一部サーバにDoS攻撃 - 2時間半にわたり接続障害
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響