Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中

マイクロソフトにおいて、セキュリティ情報を提供するメール配信サービスが停止している。パッチの公開情報なども届かないため注意が必要だ。

同社によると、1月19日より同社のメール配信システムで障害が発生しているもので、「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」を発信できない状態になっているという。

同社では、同サービスを通じて「Windows」をはじめ、同社製品に関するセキュリティ情報やセキュリティアドバイザリなどの更新情報をメールで発信している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」を2月13日に迎えており、同社では月例パッチを公開したほか、2月7日にも定例外パッチを提供しているが、これら新着情報なども発信できない状態となっている。更新情報などは、セキュリティ更新プログラムガイドなどより確認する必要がある。

同社では配信システムが復旧次第、案内を再開したいとしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
ソフトバンク、通信障害の事故報告書を総務省へ提出
システム障害で車検証が一時発行できず - 国交省
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%