Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル

アークンは、未登録の通信機器によるインターネットアクセスをブロックする不正接続検知サーバ「AAM-2000」を、3月5日より提供開始する。

同製品は、未登録の通信機器によるインターネットアクセスを検知してブロックするアプライアンス製品。管理者にメールで通知できるほか、社内ネットワークに設置された通信機器のMACアドレスとIPアドレスを検出できる。

また、全モデルにクライアントPCの操作ログが一元管理できるソフト「PasoLog」をプリインストール。ファイルの操作履歴やサイト閲覧履歴などをリアルタイムでサーバへ送信するほか、USBメモリやスマートフォンなどの接続制御やソフトの利用制限なども可能。個人情報を含むファイルの検索などにも対応する。

そのほか、マルウェア対策ソフト「EX AntiMalware」をバンドルしたモデルも用意した。価格は、15クライアント、5年で107万7840円から。

(Security NEXT - 2018/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DX向けサービスのリスク評価や対策を支援 - NRIセキュア
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG