Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」において、DoS攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2018-6389」が指摘されている。PoCも公開されており、最新版である「同4.9.4」においても容易に悪用できる状態となっている。

問題を指摘したのは、セキュリティ研究者のBarak Tawily氏。WordPressを導入しているサイトにおいて認証なくアクセスできるファイルより、JavaScriptのモジュールを大量にリクエストすることで、DoS状態を引き起こすことが可能になると指摘している。

同氏はPoCを公開。同氏のテスト環境では1度のリクエストで4Mバイトほどの応答があり、スクリプトでリクエストを自動化することでサービス停止状態に追い込むことができると主張。同氏がテストを行ったところ、500回ほどリクエストを行ったところでサービス停止が発生した。

同氏は、管理者ページではなく、認証を必要としないページからリクエストが可能であることに問題があると強調。バグバウンティプログラムの対象外と知りつつも、同脆弱性について開発チームに報告したが、開発チームはアプリケーションレベルの問題ではなく、サーバやネットワークにおける問題として、脆弱性とは認めなかったという。

Barak Tawily氏は独自にパッチをあてたフォークを用意。また脆弱性を緩和するようファイルを変更するシェルスクリプトを公開している。

(Security NEXT - 2018/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で
メールフォーム用CGIにコマンドインジェクションの脆弱性