Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で

Cisco Systemsが提供する「Cisco Adaptive Security Appliance(ASA)」などに深刻な脆弱性が見つかり、アップデートが公開されていたが、対策が不十分であったとして、同社は再度修正プログラムを用意した。

問題の脆弱性は、ASAソフトウェアの「SSL VPN」に判明した「CVE-2018-0101」。細工したXMLパケットによりシステムの制御を奪われるおそれがある。リモートより悪用されるおそれがあり、脆弱性の重要度は「クリティカル(Critical)」。

「ASAシリーズ」をはじめ、バーチャルアプライアンス「ASAv」や「Firepowerシリーズ」のほか、「Catalyst」向けに提供されている「ASAサービスモジュール」なども影響を受ける。

同社は、同脆弱性の判明を受けてアップデートをリリースしていたが、その後の調査で今回の脆弱性に対する別の攻撃手法を確認。当初の対策が不十分であることが判明したという。同社ではあらたに修正プログラムを用意し、提供を開始している。

(Security NEXT - 2018/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性