Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割

セキュリティ運用管理の専門部署を持つ組織は65.3%で、2.7%が「今後設置予定」であることがわかった。ただし、専従の担当者を置く企業は約1割にとどまっている。

警察庁が実施した調査で判明したもの。同調査では、市販のデータベースに掲載された企業や教育機関、医療機関、自治体、独立行政法人、特殊法人から2800件を無作為に抽出。2017年10月24日から11月17日を調査期間とし、調査票を送付し、メールまたは郵送で回答を求めた。620組織が回答している。

セキュリティの運用や管理の専門部署を持つ組織は65.3%。30.8%は専門部署がないと回答した。2.7%が「今後設置予定」と答えている。

業種別に設置率を見ると、「エネルギー」は100%で、次いで「行政サービス」が78.6%、「運輸業」が69.6%、「金融」が68.8%と続く。一方で「教育」では41.1%がセキュリティ専門部署を設置していない。

(Security NEXT - 2018/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
2018年秋期情報セキュマネ試験、合格率5割切る - 開始以降はじめて
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」