Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの登録数が150万件を突破

日本レジストリサービス(JPRS)は、同社が登録管理を行う「JPドメイン」の累計登録数が150万件を超えたことを明らかにした。「汎用JPドメイン名」が全体の67.6%を占めている。

同社によれば、JPドメインの累計登録件数が2月1日時点で150万件を突破した。1年間で4万1976件、2.9%の増加だという。

内訳を見ると、「.JP」の「汎用JPドメイン名」が101万4301件でもっとも多く、全体の67.6%を占める。次いで多かったのが「co.jp」「ne.jp」など組織の種別ごとに区別された「属性型、地域型JPドメイン名」で、47万3903件(31.6%)だった。

一方、セカンドレベルドメイン部分に都道府県の名称を含む「都道府県型JPドメイン名」は1万1932件(0.8%)だった。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
なりすましメール対策、約6割が「SPF」設定、「DMARC」は1%
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致