Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称

プラント関連事業者を執拗に狙う「標的型攻撃メール」が確認された。実在する組織や開発プロジェクトなどを詐称し、巧妙な文面でマルウェアを送りつけているという。現在も攻撃は継続しており、注意が必要だ。

2017年第4四半期におけるJ-CSIPの運用状況を情報処理推進機構(IPA)が取りまとめたもの。J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止を目的に2011年10月に発足。参加組織により情報を共有している。参加組織は、前四半期の11業界190組織から増加し、11業界227組織となった。

同四半期に参加組織から寄せられた不審メールに関する情報提供は1930件。前四半期の57件から34倍に急増した。IPAが独自に入手した14件を含む123件の情報について、参加組織で共有されている。

J-CSIPが情報提供を受けた1930件のうち、「標的型攻撃メール」と判断したものは164件。前四半期の3件から大幅に増加した。164件のうち、156件がプラント関連事業者を狙う攻撃メールだったという。

20180126_ip_003.jpg
標的型メールの1例(画像:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者