Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも

政府は、サイバーセキュリティに関する啓発を目的とした「サイバーセキュリティ月間」を2月より全国で展開する。期間中は、イベントの開催や啓発用ウェブサイトを活用した情報発信などが予定されている。

20180118_ni_001.jpg
アプリの公開も予定されている「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)では、2月1日から3月18日(サイバー)までを「サイバーセキュリティ月間」としており、政府機関や関係団体による連携のもと、サイバーセキュリティに関する普及啓発活動を推進する。

2018年は、「サイバーセキュリティは全員参加!」をキャッチフレーズに掲げ、2月1日にニコファーレで開催される「キックオフサミット」を皮切りに、各省庁対抗による競技形式のサイバー攻撃対処訓練のほか、インターネット安全教室やセキュリティセミナーなどを全国各地で開催する。

また、SF作家である長谷敏司氏原作のTVアニメ作品「BEATLESS」とのタイアップ企画を展開。同作品のイラストを用いたタイアップポスターを全国の関係機関に配布するほか、ウェブバナーを提供する。

さらに、同センターの啓発サイト「みんなでしっかりサイバーセキュリティ」では特設ページを開設。PDFや電子書籍で展開する「ネットワークビギナーのための情報セキュリティハンドブック」の新版「同ver.3.00」について普及を図り、あらたにアプリも用意するほか、サイバーセキュリティに関する日替わりコラムを掲載する。これまで同様、SNSを活用した情報発信に関してもあわせて推進していく。

(Security NEXT - 2018/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
カスペ、落語でセキュリティを啓発 - 動画を公開
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
政府、「サイバーセキュリティ意識・行動強化プログラム」で意見募集 - 1月4日まで
宣伝文句「血糖値の高い方におすすめ」のどこに問題? - 「ネットの罠体験ショップ」が公開
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催