Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院

新潟大学医歯学総合病院において、ランサムウェアの感染被害やウェブサイトの改ざんなどが相次いで発生していたことがわかった。

同院によれば、2017年12月8日、パソコンがマルウェアに感染している可能性があると職員から報告があり、調査を行ったところ、ファイルが暗号化されて使用できない状態となっていることが判明したという。

ランサムウェアに感染したパソコンには、治験に関する患者の氏名など個人情報が保存されていた。同大では調査を行っているが、個人情報の外部流出は確認されていない。

また同月18日には、心当たりがない記事が投稿されていることに職員が気付き、同院ウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされていたことが判明した。同月25日に暫定サイトを公開。同大では復旧に向けて調査などを進めている。

(Security NEXT - 2018/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか