Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生

幻冬舎は、同社が運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、一部会員情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、コンテンツ配信や電子書籍の販売を行っている「幻冬舎plus」。

外部からの不正アクセスで脆弱性を突かれ、2013年11月12日から2017年8月18日までに会員登録した最大9万3014人分の氏名やメールアドレス、ユーザーIDなど個人情報が外部へ流出した可能性があるという。

2017年12月27日に、会員より登録しているメールアドレスにフィッシングメールが届いたとの指摘があり、その後の調査で不正アクセスを受けていたことが判明した。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社