Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生

幻冬舎は、同社が運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、一部会員情報が外部へ流出した可能性があることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、コンテンツ配信や電子書籍の販売を行っている「幻冬舎plus」。

外部からの不正アクセスで脆弱性を突かれ、2013年11月12日から2017年8月18日までに会員登録した最大9万3014人分の氏名やメールアドレス、ユーザーIDなど個人情報が外部へ流出した可能性があるという。

2017年12月27日に、会員より登録しているメールアドレスにフィッシングメールが届いたとの指摘があり、その後の調査で不正アクセスを受けていたことが判明した。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
東芝グループ会社に不正アクセス - メール情報流出の可能性
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性