Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
介護保険事業所向けメールで誤送信、メアド流出 - 長野市
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
委託先が保護者500人宛のメールで誤送信 - 名古屋市
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪信用保証協会