Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県議会選挙関連の情報含む資料を誤ファックス - 長野県
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市
法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会
メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
サーファー向け情報サイトでパスワードなど流出
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認