Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無断で顧客情報を第三者へ提供、外部通報で発覚 - 日新火災

日新火災海上保険の従業員が、承諾を得ずに顧客情報を第三者へ提供していたことがわかった。

同社によれば、鹿児島サービス支店の従業員が、満期を迎えた火災保険契約最大905件分の顧客情報を、第三者へ提供していたもの。

同社従業員が個人情報を漏洩しているとの指摘が11月1日に外部からあり、同社では調査を実施。12月13日に同従業員が漏洩を認めたという。

同社では、対象となる顧客に対し、書面で事情を説明する。また情報を漏洩していた従業員に対しては、社内規程に従って処分を行う予定。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で
「地域おこし協力隊」希望者向けのメールで送信ミス - 飯田市
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先
氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に