Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ

シスコシステムズは、ネットワークの可視化や制御を行うiOS向けアプリ「Cisco Security Connector」を開発した。2018年第4四半期よりApp Storeを通じて法人向けに提供を開始する予定。

同アプリは、Appleのスマートデバイス向けOSである「iOS 11」向けに「Cisco Umbrella」「Cisco Clarity」などの機能を単一のアプリ上で提供するもの。

ユーザーやアプリケーション、デバイスによって生成されるトラフィック情報を可視化。コンプライアンスの確保や、インシデント発生時の調査などに活用できるという。

またアクセス制御機能を搭載。企業ネットワークや公衆無線LAN、携帯電話回線を問わず、不正サイトへの接続をブロックできる。

(Security NEXT - 2017/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも