Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止

東京都千代田区の区立図書館のウェブサイトが、1カ月にわたり利用できない状態が続いている。

同区によれば、区立図書館のウェブサイトにおいて、11月7日19時ごろ異常が発生。翌8日に公開を停止し、以降原因について調査を進めているが、時間を要しているという。

同サイトを通じた蔵書検索や利用状況の確認、資料予約、ウェブ図書館、イベントや会議室などの申し込みなどができない状態。図書館は通常とおり開館しており、窓口による貸し出しや返却、予約などは対応している。

また異常が発生した11月7日19時から、サイトを停止した翌8日17時までの間に同サイトへアクセスし、パソコンに問題が生じた場合は、同図書館まで連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX