Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止

東京都千代田区の区立図書館のウェブサイトが、1カ月にわたり利用できない状態が続いている。

同区によれば、区立図書館のウェブサイトにおいて、11月7日19時ごろ異常が発生。翌8日に公開を停止し、以降原因について調査を進めているが、時間を要しているという。

同サイトを通じた蔵書検索や利用状況の確認、資料予約、ウェブ図書館、イベントや会議室などの申し込みなどができない状態。図書館は通常とおり開館しており、窓口による貸し出しや返却、予約などは対応している。

また異常が発生した11月7日19時から、サイトを停止した翌8日17時までの間に同サイトへアクセスし、パソコンに問題が生じた場合は、同図書館まで連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都
語学学習支援アプリのGitHubアカウントに不正アクセス
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
ブロッコリー通販サイトでアクセス障害 - ツールによる大量アクセスで
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性