Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ

ウェブアプリケーションフレームワークである「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」にDoS攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

20171204_as_001.jpg
DoS攻撃を受けるおそれがある脆弱性などが判明したApache Struts 2(画像:Apache Software Foundation)

同プラグインにおいて細工されたJSONリクエストを処理した際、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-15707」が明らかとなったもの。重要度は「中(Medium)」としている。

今回明らかとなった脆弱性は、同プラグインで古い「JSON-libライブラリ」が用いられていたことに起因。開発チームでは脆弱性を修正した「同2.5.14.1」をリリースした。

また「RESTプラグイン」が利用する「Jackson JSONライブラリ」にデシリアライズに関する脆弱性「CVE-2017-7525」も判明しており、同じく「同2.5.14.1」にて修正されている。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み