Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保

東京都信用金庫健康保険組合は、被保険者の個人情報が記載された書類を、誤って関係ない別の被保険者へ送付していたことを明らかにした。

同組合によれば、10月18日に送付した特定健康診査受診結果通知書において、誤送付が発生したもの。対象となるのは2事業所の11人分。十分に確認せず、誤って別の被保険者の書類を封入してしまったという。

10月20日に書類を受領した被保険者から連絡があり、問題が判明。発送したすべての被保険者へ問い合わせしたところ、11人に対して誤送付していたことが判明した。

同組合では対象となる被保険者と事業主を訪問して説明と謝罪を行うとともに、誤送付した書類を回収。関東信越厚生局に報告を行ったとしている。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
IoTサービスのモニター宛メールで誤送信 - 北電
国保給付申請書1.3万件を紛失 - 神戸市
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀
2支店で伝票約1万4000件を紛失 - きのくに信金
児童の写真を記録したメディアが所在不明 - 鎌倉市
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
自治体担当者の個人情報含むファイルをメールで誤送信 - 総務省
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市