Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加

楽天は、同社を装う不審なメールが11月6日ごろより出回っており、マルウェア感染やフィッシングの被害に遭うおそれがあるとして会員へ注意を呼びかけている。

「会員情報変更のお知らせ」など同社からの案内を装ったメールが確認されたことから注意喚起を実施したもの。

同社では、身に覚えのない内容が記載されたメールについて、本文内のURLをクリックしたり、添付されたzipファイルを開くと、マルウェアへ感染したり、個人情報を窃取されるおそれがあると指摘。

同社よりメールで添付ファイルを送ることはなく、アクセスするとファイルがダウンロードされるリンクを送信することもないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃
「こんな時期に発注書?」仕事納めのタイミング狙うマルウェアメールに注意を
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加