Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加

楽天は、同社を装う不審なメールが11月6日ごろより出回っており、マルウェア感染やフィッシングの被害に遭うおそれがあるとして会員へ注意を呼びかけている。

「会員情報変更のお知らせ」など同社からの案内を装ったメールが確認されたことから注意喚起を実施したもの。

同社では、身に覚えのない内容が記載されたメールについて、本文内のURLをクリックしたり、添付されたzipファイルを開くと、マルウェアへ感染したり、個人情報を窃取されるおそれがあると指摘。

同社よりメールで添付ファイルを送ることはなく、アクセスするとファイルがダウンロードされるリンクを送信することもないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品