Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加

楽天は、同社を装う不審なメールが11月6日ごろより出回っており、マルウェア感染やフィッシングの被害に遭うおそれがあるとして会員へ注意を呼びかけている。

「会員情報変更のお知らせ」など同社からの案内を装ったメールが確認されたことから注意喚起を実施したもの。

同社では、身に覚えのない内容が記載されたメールについて、本文内のURLをクリックしたり、添付されたzipファイルを開くと、マルウェアへ感染したり、個人情報を窃取されるおそれがあると指摘。

同社よりメールで添付ファイルを送ることはなく、アクセスするとファイルがダウンロードされるリンクを送信することもないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
複数の日系自動車関連企業にサイバー攻撃 - ベトナムのグループ関与か
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応