Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市

横浜市は、セミナー案内メールにおいて誤送信が発生し、「横浜ライフイノベーションプラットフォーム」に参画する会員企業や団体担当者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、10月27日10時半過ぎに送信したメールにおいて、誤送信が発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、会員企業の担当者のメールアドレス131件が、受信者間で閲覧できる状態となった。

送信前にダブルチェックを行うはずだったが、誤操作により送信してしまったという。送信直後に担当者が気付き、電話やメールで謝罪するとともに誤送信したメールの削除を依頼した。

今回の問題を受けて同市では、誤操作があってもすぐにメールが送信されないようメールの設定を変更したという。

(Security NEXT - 2017/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設の利用登録者宛てメールで誤送信 - 福祉事業者
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 日本スポーツ振興センター
情報提供メール誤送信で顧客のメアド流出 - フジトミ
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市