Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大

京都精華大学は、入試情報サイトにおいて、登録会員の個人情報がインターネット経由で閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

同大によれば、9月5日から10月19日にかけて、入試情報サイトに登録している会員の個人情報を含む会員一覧ページや、各会員のプロフィールページが閲覧できる状態となっていたもの。会員468人分の氏名のほか、学生または保護者などの属性情報が含まれる。

10月18日に会員からの指摘を受けて調査を行い、翌19日に問題が判明した。対象ページのほか、検索サイトでの検索結果からも閲覧可能だったという。同サイトの運営委託先における人為的なミスが原因と説明している。

同大では問題のページを非公開にするとともに、対象となる会員にメールで報告と謝罪を実施。影響などを調査するとともに、再発防止策を検討するとしている。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団