Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応

NECは、IRMソリューション「InfoCage FileShell」の新版と、同ソフトの導入を支援するシステム「Application Platform for File Protection」を提供開始した。

同製品は、パソコンやファイルサーバに保存されたファイルを暗号化とユーザー認証により保護するIRMソリューション。

新版では、マイクロソフトのクラウドストレージサービス「OneDrive for Business」に保存されたファイルをサポート。「Azure Rights Management」との連携に対応した。価格は、1ライセンス1万4040円から。

また、ファイル保護システムの導入に必要な管理サーバやソフト、ハードウェア、システム構築をパッケージ化した「Application Platform for File Protection」を用意した。価格は、利用者100人から1000人のライトモデルが993万6000円から。

(Security NEXT - 2017/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
ALSIの暗号化ソフト、ストレージソフト「Proself 」と連携
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ