Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か

兵庫県警らは8月31日、個人間取引が行えるいわゆるフリーマ−ケットアプリを介し、海賊版の「Office」を販売したとして、岡山県の男女を著作権法違反および不正競争防止法違反の容疑で逮捕した。

男女は2016年12月ごろから2017年5月ごろにかけて、無断で複製した「Microsoft Office Professional Plus 2013」を、「メルカリ」を通じて3人に販売した疑いが持たれている。

捜査協力を行ってきたBSA|The Software Allianceによれば、同団体への情報提供をきっかけに今回の問題が発覚。販売にあたり、ライセンス認証を回避するための不正プログラムを記録したDVDを提供していたと見られている。

被疑者の男性は、不正プログラムを販売したとして、2015年9月8日に不正競争防止法違反で、懲役2年(執行猶予5年)、罰金200万円の有罪判決が言い渡されていた。

(Security NEXT - 2017/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
IPA、若年層向け啓発コンクールを開催 - 7月より作品募集
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用