Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロート製薬の会員サイトに不正アクセス - パスワードなど閲覧被害

ロート製薬は、同社情報サイトが不正アクセスを受け、会員のログインIDとパスワードが閲覧されたとして会員へ注意喚起を行った。

運営する情報提供サイト「ココロートパーク」に対し、9月7日16時ごろより不正アクセスが行われたもの。

同社によれば、今回の不正アクセスにより、同サイトに登録している会員32人のログインIDとパスワードが閲覧された可能性があるという。

同社では、対象となる会員に対し翌8日にメールを送信。パスワードを変更するよう案内した。また引き続き監視体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
東京ガスの料金照会サイトにPWリスト攻撃 - 10万回超のログイン試行
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
真庭市のサーバに不正アクセス - 「OpenSSL」の脆弱性が標的に
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認