Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロート製薬の会員サイトに不正アクセス - パスワードなど閲覧被害

ロート製薬は、同社情報サイトが不正アクセスを受け、会員のログインIDとパスワードが閲覧されたとして会員へ注意喚起を行った。

運営する情報提供サイト「ココロートパーク」に対し、9月7日16時ごろより不正アクセスが行われたもの。

同社によれば、今回の不正アクセスにより、同サイトに登録している会員32人のログインIDとパスワードが閲覧された可能性があるという。

同社では、対象となる会員に対し翌8日にメールを送信。パスワードを変更するよう案内した。また引き続き監視体制を強化するとしている。

(Security NEXT - 2017/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 新潟県立看護大
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生
インテリア通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
九州商船の予約サイトに不正アクセス、会員情報流出の可能性 - 不正ファイルが設置され外部通信
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出