Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシング攻撃 - 偽請求書で誘導中

7月に報告件数が急増した「Apple」を装うフィッシング攻撃だが、再び稼働中のフィッシングサイトが確認され、注意が呼びかけられている。

20170824_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシング攻撃は、アプリの購入にともなう「請求書」の送付に見せかけたメールで偽サイトへ誘導する手口。

フィッシングメールは「ご購入いただきありがとうございます」との件名で送信しており、詳細を確認するため、添付ファイルを開くよう求めていた。

ファイルを開くと身に覚えのない請求書を表示。支払いをキャンセルするためのリンクに見せかけてフィッシングサイトへ誘導し、IDや個人情報、クレジットカード、パスワードなどを入力させようとする。

8月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシングサイトを閉鎖するためにJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導
東京オリンピックの便乗フィッシングメール、17万4000人に送信か
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口