Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Play」上に広告収入狙いのアドウェアが300件以上流通

「Google Play」で公開された300件以上のアプリにアドウェアが組み込まれていたことがわかった。

問題のアプリを確認したトレンドマイクロによると、広告収入を得ることを目的とするアドウェア「GhostClicker」を組み込んだアプリが「Google Play」に流通したという。

同社が把握しただけで、340件にのぼり、日本や米国、台湾、ロシア、イタリア、ブラジル、東南アジアで検出された。

100万回以上ダウンロードされたゲームアプリ「Aladdin’s Adventures World」をはじめ、最適化ツールやQRコードスキャナ、メディアプレーヤー、充電管理ツール、ナビゲーションアプリなど、多岐にわたるという。

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
モバイルマルウェアでは「ランサムウェア」が活発 - Blue Coat分析
韓国で流行した新手の不正送金マルウェアが国内上陸 - 不正送金被害も
「Pokémon GO」便乗の不正アプリ、1カ月で約12倍に - 説明通りのアプリはわずか1割強
ソフォス、定義ファイルを使用しないマルウェア対策ソフト - 「セカンドオピニオン」利用も可
DellのPCに脆弱な証明書 - 中間者攻撃で盗聴などのおそれ
カスペルスキー、2016年版を発表 - アドウェア対策など新機能
レノボ、ThinkPadデータ収集問題で釈明 - 「個人特定できない」
3月の更新でMSRTが「Superfish」の駆除に対応
ピーシーデポ、 「Superfish」の点検サービス