Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性指摘受けた「Foxit Reader」、25日にパッチ公開予定

PDFビューワーソフト「Foxit Reader」に脆弱性があるとの指摘を受けたFoxit Softwareは、8月25日にアップデートをリリースし、脆弱性を解消する計画であることを明らかにした。

不正なコード実行につながるおそれがある2件の脆弱性「CVE-2017-10951」「CVE-2017-10952」が「Foxit Reader」および「PhantomPDF」に含まれることが判明したもの。

当初同社では、「保護モード(Safe Reading Mode)」を利用することで脆弱性の悪用を防げるとして修正しない方針を示していたが、Zero Day Initiative(ZDI)がゼロデイ脆弱性として公開後、方針を転換し、修正するとアナウンスしていた。

同社では、JavaScriptの不正利用に対する追加の保護機能を追加したパッチ「同8.3.2」を8月25日にリリースする方針だという。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース