Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Foxit Reader」にゼロデイ脆弱性2件 - 公表受けて方針転換、修正へ

PDFビューワーソフト「Foxit Reader」に、未修正の脆弱性2件が含まれていることがわかった。Foxit Softwareでは、当初脆弱性を修正しない方針だったが、脆弱性の公表を受け、修正に向けて準備を進めているという。

20170821_zd_001.jpg

トレンドマイクロ傘下のZero Day Initiative(ZDI)が公表したもの。

URLが正しいかチェックしておらず、細工したファイルやページを閲覧させることでリモートよりコードの実行が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-10951」が存在。

またスタートアップフォルダに不正なファイルを書き込める「CVE-2017-10952」が含まれる。

脆弱性は、6月にZDIがFoxitへ報告したが、デフォルトで有効化されている「保護モード」を利用していれば影響を受けないとして、Foxitでは修正しない方針をZDIへ伝えていた。

(Security NEXT - 2017/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
10大脅威の影響や対策は? - IPAが解説資料を公開
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン