Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Foxit Reader」にゼロデイ脆弱性2件 - 公表受けて方針転換、修正へ

PDFビューワーソフト「Foxit Reader」に、未修正の脆弱性2件が含まれていることがわかった。Foxit Softwareでは、当初脆弱性を修正しない方針だったが、脆弱性の公表を受け、修正に向けて準備を進めているという。

20170821_zd_001.jpg

トレンドマイクロ傘下のZero Day Initiative(ZDI)が公表したもの。

URLが正しいかチェックしておらず、細工したファイルやページを閲覧させることでリモートよりコードの実行が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-10951」が存在。

またスタートアップフォルダに不正なファイルを書き込める「CVE-2017-10952」が含まれる。

脆弱性は、6月にZDIがFoxitへ報告したが、デフォルトで有効化されている「保護モード」を利用していれば影響を受けないとして、Foxitでは修正しない方針をZDIへ伝えていた。

(Security NEXT - 2017/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
「Ghostscript」脆弱性、悪用コード公開済み - 修正版は9月後半
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料