Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応

Adobe Systemsは、2件の脆弱性へ対応した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートをリリースした。72時間以内を目安に更新するよう呼びかけている。

20170809_as_001.jpg
今回のアップデートにより脆弱性2件へ対応した(画像:Adobe Systems)

今回のアップデートは、型の取り違えにより、コードをリモートより実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-3106」へ対応したもの。重要度は、3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」に指定されている。

また深刻度が1段階低い「重要(Important)」の脆弱性「CVE-2017-3085」を修正。同脆弱性が悪用されると、セキュリティ機能をバイパスされ、情報漏洩が生じるおそれがある。

同社はこれら2件の脆弱性へ対応した最新版となる「同26.0.0.151」を公開。「Linux版」を除き、ブラウザ同梱版を含めて適用優先度を3段階中もっとも高い「1」とレーティングしており、72時間以内の更新を推奨。「Linux版」に関してはもっとも低い「3」とし、任意のタイミングで更新するよう求めている。

なお、「Adobe Flash Player」については、Adobe Systemsが2020年末にサポートを終了することを表明している。

(Security NEXT - 2017/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み