Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも

個人情報保護委員会は、中小企業向けに改正個人情報保護法の概要を解説した資料「はじめての個人情報保護法 −シンプルレッスン−」を提供している。

同資料は、5月30日より施行された改正個人情報保護法の概要を解説したもの。従来、取り扱う個人情報の件数が5000人以下の事業者は適用外だったが、改正により件数の要件が撤廃となったため、中小企業でも法律への適切な対応が求められる。

同資料では、法律が定める「個人情報」の定義から、事業者が守るべき4つのルールを解説。同法から新設された「匿名加工情報」や罰則についても説明している。

また巻末資料として、中小企業向けのチェックリストを用意。10のチェック項目とそのポイントをリスト化したもので、法律を遵守できているかどうか自社で簡易的に確認することができる。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
個人情報保護委と経産省、GDPR対応へ向けた参考資料を公開
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも