Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 早急にアップデートを

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開し、システムの制御を奪われるおそれがある深刻な脆弱性を修正した。

20170712_as_001.jpg
Adobeが公開したセキュリティアドバイザリ

今回のアップデートは、メモリ破壊によってリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2017-3099」をはじめ、3件の脆弱性を解消したもの。

今回修正された脆弱性のうち、「CVE-2017-3099」が最も深刻とされる脆弱性で、重要度は3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

のこる2件については、重要度を1段階低い「重要(Important)」としており、メモリ破壊「CVE-2017-3100」やセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性「CVE-2017-3080」へ対処した。後者についてはすでに公開されているという。

同社はこれら脆弱性へ対応した最新版となる「同26.0.0.137」を公開。「Linux」を除き、ブラウザ同梱版を含めて適用優先度を3段階中もっとも高い「1」とし、72時間以内の更新を推奨。「Linux」に関してはもっとも低い「3」とし、任意のタイミングで更新するよう求めている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-3099
CVE-2017-3080
CVE-2017-3100

(Security NEXT - 2017/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Linux」や「FreeBSD」に脆弱性 - リモートよりDoS攻撃受けるおそれ
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性